知っておきたいこと

カウンセリング

効果とその費用はどれぐらい買

うつ病になってしまう場合は、自分のやりたいことをしていない可能性が高いです。人間は本来、自分のやりたいことをするために生きているようなものです。そこには、自分の能力が眠っている可能性が高いでしょう。例えば、芸術分野に関して能力が高い人は、そこに本当の自分にとって重要な部分が眠っているわけです。ですが、そのような部分を知らずにそのままサラリーマンになってやりたくない仕事をしているとすれば、自分の重要な部分を見失ってしまうことになるでしょう。それだけならばまだよいですが、精神的にも少しずつ崩れてくる可能性があります。つまり、やりたいことから遠ざかりやりたくないことばかりしているとうつ病などになってしまう恐れがあると言えます。うつ病になった場合には、生きることはつらくなることもあるでしょう。この場合には、病院に通うことが重要になります。この時、うつ病保険が適用されるかが問題になりますが、基本的に健康組合に入っていればうつ病保険が適用されるといってよいです。また、傷病手当金などをもらう場合には保険に加入していることが重要になります。会社に入っている場合などは、厚生年金に加入しているため傷病手当金をもらうことも可能になるでしょう。傷病手当金といっても、会社によって得られる金額が異なります。また、傷病手当金をもらうことができる期間なども重要になりますので予め知っておくこともよいでしょう。ちなみに傷病手当金をもらうことができる最大の期間は、1年半ほどになります。そのあいだは、給料の2/3ぐらいのお金を出してもらえるため、何とか生活できるレベルに達するといえます。

うつ病保険に加入しているならば、病院にたたり安い費用で治療を受けることができます。うつ病保険に関しては、7割ほど国が負担してくれるのが普通になります。つまり、治療費が仮に\10000だったとしても、自己負担分は\3000程度になることが多いです。治療費の内訳を見ていくと、たいていはカウンセリング費用と薬になるでしょう。カウンセリング費用に関しては、専門的なカウンセラーや医者がおこないますので、それなりの価値のあるものと考えてよいです。1回で結果が出る訳ではありませんが、人によっては1回のカウンセリングだけでうつ病が良くなるような例もあります。ただ、この場合でも重度のうつ病の場合には一回程度で結果が出ることはまずないでしょう。心の奥に潜んでいる自分のほんとうの気持などを自分で認識できていないためそれを引っ張り出すまでに長期間の時間がかかってしまいます。しかも重度のうつ病の場合には、介護を必要とするレベルに達していることが多いため、なかなか自分の考えていることを発言できない可能性が高いです。では、傷病手当金をもらう場合にお金がかかるでしょうか。基本的に、傷病手当金をもらう場合には、病院で作ってくれる診断書が必要になります。そのため、診断書を作成するためにその分費用がかかるといってもよいでしょう。診断書に関しては、病院の方で1000円ほどのお金を請求してきます。このように考えれば、そこまで費用の負担が大きい訳ではありません。安心して傷病手当金を申請してみましょう。